x͑w܂

カリカリ!モチモチ!
体にやさしい素材を使ったベーグル屋さん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私たちmachi.coメンバーが街へ出て、気になるスポットや人を取材&リポートする「MACHI REPORT」。今回は、メンバーの間で噂になっていた手づくりベーグル屋さん「une bagel」へ取材に行ってきました!

 

 

 

 

飯能駅北口を出て真っすぐ進み、飯能河原を目指し歩くこと約15分。飯能河原沿いにある駐車場の少し奥に進むとune bagelの看板が見えてきます。

 

 

 

 

目印は2階が白いお家とこの看板!

 

 

お店は、店主の女性お一人で経営していらっしゃるそうで、飯能にオープンして約3年ほど。友人がベーグルを手作りしているのを見て、“自分でも作れるんだぁ”と思ったことがお店を始めたきっかけだそうです。

 

お店の名前の“うね”とは、沖縄の方言で“船”という意味で、自分の行きたい方向に向かって自分のペースで進めていければと思いで名づけられたそうです。

 

お店のこだわりは、なるべく添加物の入っていない体にやさしい素材を使うこと。オーガニックのチョコレート、セルロースの入っていないチーズなどを使っているそう!

 

販売しているベーグルの種類はたくさん!シンプルなプレーン味(¥200)、マヤ時代のナッツを練りこんだマヤナッツベーグル(¥250)、リンゴシナモンレーズン(¥350)他にも変わり種のベーグルや、季節によって違う味のベーグルなどもあります。

 

なんとトングはムーミンに出てくるニョロニョロ!気がつきました?

 

ベーグルの食べ方は何をはさんで食べもOK!店主のおすすめの食べ方はプレーン味を塩とオリーブで食べることだそうです。また、一度蒸かしてから食べると最大限のもちもち触感を味わえるそう!!

 

ベーグル販売の他にも、ベーグル教室を開いているそうです!家庭にある材料、調理器具で簡単に作れる方法を教えてくれます。

 

なお、同店舗に春からご飯屋さんが入る予定です。ベーグルの販売は月1日ほどになってしまうかもしれません。

 

全国から買いに訪れる隠れ家的なベーグル屋さん。ぜひ訪れてみてはいかかでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

une bagel(ウネ ベーグル)

住所:埼玉県飯能市飯能271-1
交通手段:西武池袋線 飯能駅 徒歩約15分
定休日: 不定休 詳しくは「よてい」をご覧ください。
 HP:http://unebagel.jp/