x͑w܂

オーナーのアイデアがたくさん詰まった
隠れ家レストラン「HotPot」

hotpot-0

私たちmachi.coメンバーが街へ出て、気になるスポットや人を取材&リポートする「MACHI REPORT」。今回は、駿河台大学から歩いて10分ほどのレストラン「HotPot」へ行ってきました!

大学から坂を下って、あけぼの子どもの森公園の方角へ向かうmachi.coメンバー。

こんな森のようなところにお店があるのかしら…?ありました!隠れ家のようなお店が!ワンちゃんのお出迎えとともに外国製車のフロントガラスにHotPotと書いてあります。ここで間違いなさそう!お店は、ご主人と奥様のお二人で経営していらっしゃるそうで、この地にオープンしてから14年続くお店は、もともと飲食業を親戚の方と営んでいたご主人が自分の店を開くことになり、奥様と地元の飯能にお店を開いたのだとか。

 

 

 

hotpot-1

 

お店に入っても木のぬくもりを感じます。イギリスの納屋みたいなイメージで可愛い雰囲気です。室内の家具などは地域の方から声をかけていただき、譲り受けたものを再利用しています。市内の幼稚園で使用していた窓枠もありました。お二人が地域の方から親しまれていることが伝わりますよね。

手作りの家具にもこだわりがあり、ご主人が設計図無しで作っている家具もたくさん!ベンチはなんと、100年前にイギリスの教会で使われていたものを半分に切って再利用しているのだそう。今まで何人の人がこの椅子に座ってきたのかな…と、こだわりの家具の歴史に思いを馳せると、不思議な気持ちになります。

hotpot-2

カウンターや机も、地域の方々にいただいた資材をリメイクして作っています。手作りのぬくもりが溢れる、温かい雰囲気がとても伝わる内装です。

hotpot-3

 

hotpot-4

 

 

つい最近完成したというお店のテラス席も、もちろん全て手作り!テラスにある石窯や煙突もこれから作り込もうとしているようです。完成するのが楽しみです。

ご夫婦とも自然が大好きで、『おもしろいかもしれない』という発想でテラスを手作りしたり、植物を植えたりしているそうです。東飯能から移転してきたときは、お店の周囲に緑は全然なく殺風景でしたが、二人で植物を植えていき今の緑に囲まれた店構えになったそうです。二人とも自然に囲まれているところが好きで、ほっとできるような店づくりをしてきたのだとか。まだまだ改装は続いているようで、次回お邪魔するときはまた少し違うお店のようになっているかもしれません。

フードメニューは、食材や自然、“いいもの”を提供するというのがコンセプト。親戚の方が作っている有機野菜をメニューにも取り入れています!また、お米も店内で精米しています。スパゲッティや雑炊やハンバーグなどがありますが、ドリンクセット+ケーキが人気みたいです。

hotpot-5

ケーキは、ノーマルのチーズケーキとモカのチーズケーキがあります。チーズケーキが苦手な方向けに、バナナケーキもあるそうです!

6_dsc05996

地域でも評判のチーズケーキは、地鶏たまごやニュージーランド産クリームチーズなどを使っていてこちらも素材にこだわっています。「チーズケーキが苦手でもHotPotさんのチーズケーキなら食べられる…!」という方も多いそうなので、ぜひ一度お試しあれ。

お店には若い人からご年配の方まで多くの方が訪れるそう。リピーターになる人も多く、地元の方々に愛されるお店です。

 

カフェ&レストラン HotPot (ホットポット)

TEL:042-972-7248
住所:埼玉県飯能市阿須891-24
交通手段:西武池袋線 飯能駅より車で約10分、元加治駅より車で約5分
    
営業時間:ランチ11:00~15:00、ティータイム14:00~16:30、ディナー17:30~19:30(ラストオーダー)
定休日: 日曜夜、月曜(祝日はランチのみ営業)