x͑w܂

駿河台大学から徒歩10分。
「あけぼの子どもの森公園」

machireport_kiji02_main

本当にここは日本?園内はまるでおとぎ話の世界!

私たちmachi.coメンバーが街へ出て、気になるスポットや人を取材&リポートする「MACHI REPORT」。今回は、飯能にある名物スポット、「あけぼの子どもの森公園」へ行ってきました!

 

西武池袋線「元加治駅」から徒歩20分と少し歩くこの公園は、私たちの通う駿河台大学からは徒歩で約10分と、授業の合間にも行ける距離にあります。一歩足を踏み入れると、園内にはお屋敷や、森の家、小河など、童話の世界から飛び出てきたような景色が。飯能の自然をうまく利用して作られた景色は、いつもテレビや絵本で見ていた世界そのもの!不思議な形をした園内の建物を眺めていると、おとぎ話の中に迷い込んだような気分を味わえます。

 

檜で作られたドーム状の建物は「子ども劇場」。ここでは小規模のコンサートや演劇講演なども開催されています。

 

machireport_kiji02_01

 

こども劇場の屋根にはこんな可愛らしい装飾が!

 

machireport_kiji02_02

 

他にも、園内のところどころには、遊び心あふれる装飾がちりばめられています。時々ファッション誌の撮影が行われるというのも納得。カバーガールになりきって撮影してみるのも楽しいですし、思わずSNSにあげたくなるような写真も沢山撮ることができますよ。
水あび小屋は公園イチの撮影スポットで、素敵な記念写真が撮れますよ。

 

machireport_kiji02_03

 

起伏に富んだ道を歩きながら、自然に触れることができるのも、この公園の魅力のひとつ。公園全体が山の斜面に作られていて、園内には小さな滝があったり、森に囲まれているので沢山の草花があったりと、天気のいい日にはゆっくり歩いて回るだけでも十分リフレッシュできます。

 

machireport_kiji02_04

 

これだけの施設が揃っていながら、市営公園のため入園料はなんと無料!レポートで煮詰まったり、バイトで失敗したり、失恋しちゃったり…。そんな時、気分転換にぴったりなスポットが大学のそばにあるなんてステキです(笑)。興味を持った方は、ぜひ足を運んでみてくださいね!