x͑w܂

飯能の街を一望するヒーリングスポット
「生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園」

machireport_kiji01_main

ハーブの世界への入口をknock!

私たちmachi.coメンバーが飯能の街へ出て、気になるスポットや人を取材&リポートする「MACHI REPORT」。記念すべき第1回目は、メンバー全員がずっと気になっていたスポットとして真っ先に名前の挙がった、「生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園」を訪れてみることに決定!飯能には、アロマテラピーのお店で有名な、あの「生活の木」が運営するハーブガーデンがあるんです。
私たち女子は、「香り」が大好き。香水や化粧品などたくさんの香りの中でも、ハーブの自然な香りはやっぱりリラックスできて癒されますよね。でも、普段の生活にどうやって取り入れたらいいかわからない…というのが正直なところ。というわけで、実際にハーブの世界を体験してきました!

 

春の気配をそこかしこに感じられる3月某日。machi.coメンバーは、飯能駅からバスに5分ほど揺られ、飯能市美杉台にある「生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園」にやってきました。全員、訪れるのは今回が初めて。ハーブガーデンって、一体何ができるんだろう…?そんな疑問を解消すべく、まずは施設の方にお話を伺うことに。

 

machireport_kiji01_01

 

「株式会社生活の木は、ハーブのある暮らし『ハーバルライフ』を提案するショップを長年運営してきました。そして、その良さをもっと知ってもらうために、どこかにハーブガーデンを作りたいと思ったんです」と教えてくださったのは、ショップ店長の岡さん。ハーブガーデンを作るのに、豊かな自然に囲まれながら地域の人々の暮らしに溶け込めるような場所として、飯能市美杉台はぴったりだったそう。
1996年、カルチャー講座やレストラン、リラクゼーションサロンなども併設したハーブガーデンをオープン。地元の方はもちろん、「生活の木」のファンの方、子ども連れの方、遠く北海道や沖縄から観光で来られる方など、多くの人が訪れているそうです。
「ハーブやアロマは難しそう…と思っている方は、まず自分が好きと感じる香りをひとつ見つけてみてください。その香りからアロマの世界が広がります。私たちも香りを探すお手伝いをしますよ」との心強いお言葉!ハーブ初心者の私たちでも楽しめるかも…?と期待をふくらませたところで、手作り体験に参加してみました。

 

好きな香りのソープ&ルームスプレーを手作り体験

今回の体験で作るのは、エッセンシャルオイルを使ったソープとルームスプレー。引き続き、岡さんがレクチャーしてくれました。まずはソープから。もとになるMPソープを湯せんで溶かし、自然素材で好みの色を付けます。なんだか理科の実験みたい。ラベンダー、オレンジスイート、ゼラニウムというリラックス系のエッセンシャルオイルから好きな香りを選び、精油をソープに入れて手早く混ぜます。香りは1種類だけでも、ブレンドしてもOK。型に流し入れ、固まったら完成です!続いてルームスプレーも、好みのエッセンシャルオイルと無水エタノールや精製水を混ぜたらあっという間にできあがり!こちらはグレープフルーツ、ペパーミント、レモングラスとリフレッシュ系の香りからチョイスできます。部屋中にアロマが漂う中、とってもリラックスした気分で楽しめました。

 

machireport_kiji01_02

machireport_kiji01_03

 

生活の木では、10年ほど前から「メディカルハーブ」に着目しているそう。ハーブが持つ効果効能にスポットを当てて、健康維持に役立てましょうという考え方なんだそうです。今回使用したエッセンシャルオイルも、ラベンダーはリラックス、オレンジスイートは気分を明るくしてくれ、ペパーミントはリフレッシュ、といった具合にそれぞれに特徴があるとのこと。ただいい香りというだけじゃないんですね。自分が求めている特徴で選ぶのもいいけど、まずはその香りが好きかどうかが一番大切、と岡さん。好きな香りだと自然と元気になれるから、なんだか納得ですね!
「生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園」では、今回のような体験講座を開催しています。例えばアロマルームスプレーだけの体験講座なら、約30分で1,080円ととってもお手頃♪内容は月によって変わるので、興味のある方はぜひ問い合わせてみてくださいね。

 

machireport_kiji01_04

 

レストランでハーブたっぷりの絶品ランチ

続いては、待ちに待ったランチタイム!
施設内にあるレストランは、赤ちゃん連れのお母さん方や、夫婦の方などたくさんの人で賑わっていました。

 

machireport_kiji01_05

 

私たちは、旬のハーブを使ったおすすめメニュー「ハーブランチ」をチョイス。この日のメインは、鶏の香草焼き トマトとバルサミコ酢のソース。パリッと香ばしく焼きあがったお肉に、酸味のきいたソースがぴったりマッチ!一口ごとにフワッと香るハーブが、さらにお肉のおいしさを引き立ててくれます。付け合わせのハーブサラダやバジルのパン、デザートのラベンダーシフォンケーキ、ピーチの香りのハーブティーと、まさにハーブづくし!実は、メンバーの中にはハーブの香りが強い料理が苦手な子もいたのですが、今回のメニューはどれもクセがなくて食べやすく、全員ペロリと完食!お店の方に聞いてみると、施設のガーデンや地元で採れた旬のハーブを使っているんだとか。ハーブ料理をこんなにもおいしいと感じたのは初めてかも!?スパイスのきいたカレーやラベンダーのソフトクリームなど、他にも気になるメニューがたくさんあったので、ぜひまた来たいな♪ごちそうさまでした!

 

触っていい香り!メディカルハーブガーデンツアー

お腹が満たされた後は、いよいよハーブガーデンを散策です。ガーデン店長の髙橋さんによる、ガイドツアーに参加しました。

 

machireport_kiji01_06

machireport_kiji01_07

 

高台の斜面に広がるこのガーデンでは、四季を通じてなんと約200種類のハーブを見られるそう!馴染みのあるものから初めて見るものまで、どのハーブもきちんと効能を持っていることに改めて驚かされ、ハーブの奥深さを感じました。そして最もビックリしたのは、栽培されているハーブを触って楽しめるということ!ハーブは葉っぱの裏側に香りのポケットがあるので、触れることで香りがはじけるんだとか。ゼラニウムの葉っぱをこすったり、ローズマリーの茂みをなでてみるとフワ~っといい香りが漂い、なんとも癒されます!

 

machireport_kiji01_08

 

ガーデンにはバラのアーチやハーブに囲まれたベンチもあり、なんだか外国のお庭のようなロマンティックな雰囲気。すべて無料開放されているので、近隣の方たちのお散歩コースにもなっているそうです。毎日こんなお庭を散策できるなんて、うらやましい!いつか授業の合間にここへ来て、飯能の街を眺めながらハーブの香りに包まれたベンチでのんびり、なんて贅沢な時間を過ごしてみたいなぁ…。

 

machireport_kiji01_09

machireport_kiji01_10

 

ガーデンのハーブは、5月中旬から6月にかけて見頃を迎えるとのこと。ハーブの香りで心身共に癒されて、おいしい料理も食べられる「生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園」。飯能の街にこんなにリラックスできる場所があったとは、うれしい発見でした。日々の生活にちょっと疲れたときや息抜きをしたいとき、ぜひ訪れてみてくださいね!

 

生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園
TEL:042-972-1787
営業時間:ショップ 10:00~18:30、レストラン・ベーカリー・ガーデンハウス 10:00~18:00
※メディカルハーブハウスは11月~2月の間、17:00まで
定休日:月曜日(祝祭日を除く)
アクセス:西武池袋線飯能駅南口より美杉台ニュータウン行きバスまたは、大河原工業団地東行きバスで約5分、「美杉台小学校」下車すぐ
住所:飯能市美杉台1-1
URL:http://www.treeoflife.co.jp/garden/yakukouso/